こんにちは、えすひろ(marriedfreetime)です♪ 
当ブログにお越しいただきありがとうございます!この記事では2018年11月7日に発売される「新型MacBook Air」についての情報をまとめたり、旧機種との比較をしていきます。PCはお洒落じゃないと嫌だと言う方、AppleのPCに興味がある方、MacBookの買い替えを検討されている方に是非読んで欲しい記事です。

この記事の登場人物について

えすひろ
えすひろです。一家の大黒柱感を出したい、出来るお父さんになりたい会社員。ペットも花も結婚してからハマりました。このブログでは主に説明や解説で登場するよ!

えすこ
えすこです。ワンちゃんと文鳥と多肉植物、そして何より息子を愛してやまない一家の縁の下の力持ち!パートを掛け持ちする兼業主婦です!このブログでは主に疑問に思った事をドンドン聞いていくよ!
スポンサーリンク

新しいMacBook Airがカッコ良過ぎる

先日ボーッとネットサーフィンしていると、とてもカッコ良い広告動画を見つけてしまいました。

えすひろ
なんだこれ・・・すげぇかっこ良いじゃん・・・(物欲センサーがMacBook Airを検知)

今使っているPCがまだまだ現役なので、購入は見送りになりそうですが(冬のボーナスに期待)、欲しいと思う権利はみな平等ですよね!と言う事で新しいMacBook Airがどういったスペックなのか色々調べてみることにしました。

えすひろ
この記事をえすこさんに読んでもらって新型MacBook Airの良さを伝えたいんだ!

えすこ
ちょっと暑苦しい・・・

筆者が使っているPCの物足りない部分

まずは僕が現在使っているPCを紹介しておきます。 
メインで使っているのは「MacBook Air 2012モデル(11インチ)」です。小さく軽いのでブログ記事の執筆や動画の編集、写真の管理などがどこでも出来て大変重宝しています。

発表当時、包丁として使えるなどと揶揄されることもあった薄さには衝撃を受けました。とにかくカッコ良いPCが欲しかったので詳しいことは何も調べずフルスペックで購入。おかげで5年経った今でも動作速度やストレージ容量には不自由していません。

えすひろ
MacBookって持ってるだけで気分が上がるんだよね!

えすこ
Airの、しかも11インチしか持ってないくせになんと偉そうに・・・

不便に感じている点は、バッテリー容量とディスプレイの小ささです。バッテリー容量は旧モデルのため新型の半分ほどしかありません。劣化はほとんどしていませんが物足りない感じです。ディスプレイは小さくて扱い易い方が良いと11インチモデルを購入したのですが、流石に作業性が悪過ぎました。

えすひろ
最近はブログも頑張ってるし、PC新調したいな・・・?(チラッ

えすこ
ダ・メ・で・す!!!!

MacBook Airスペック比較

では、最新のMacBook Airと前モデル(13-inch, 2017)、現在使っているモデル(11-inch, Mid 2012)のスペックを比較してみましょう!

項目 NEWモデル 2017-13 2011-11
価格(税別) ¥134,800~ ¥98,800~ ¥98,800~ 
※当時の価格
ディスプレイサイズ 13.3インチ 13.3インチ 11.6インチ
Retina - -
解像度 2560x1600 1440x900 1366x768
Touch ID - -
コア 1.6GHzデュアルコア 
Intel Core i5
1.8GHzデュアルコア 
Intel Core i5
1.7GHzデュアルコア 
Intel Core i5
Turbo Boost 3.6GHz 2.9GHz 2.6GHz
3次キャッシュ 4MB L3 3MB L3 3MB L3
プロセッサオプション - 2.2GHzデュアルコア 
Intel Core i7 
Turbo Boost3.2GHz 
4MB L3キャッシュ
2.0GHzデュアルコア 
Intel Core i7 
Turbo Boost3.2GHz 
4MB L3キャッシュ
ストレージ(GB) 128,256,512,1500 128,256,512 64,128,256,512
SSD ◯ 
(フラッシュストレージ)
メモリ 8GB 
2133MHz 
LPDDR3
8GB 
1600MHz 
LPDDR3
4GB 
1600MHz 
LPDDR3
メモリオプション 16GBに変更可能 - 8GBに変更可能
バッテリー 
(ネット閲覧)
12時間 12時間 5時間
電源 30W USB-C 45W MagSafe 2 45W MagSafe 2
サイズ(cm) H1.56W30.41D21.24 H1.7W32.5D22.7 H1.7W30D19.2
重量(kg) 1.25 1.35 1.08
グラフィック Intel UHD Graphics 617 Intel HD Graphics 6000 Intel HD Graphics 4000
ビデオ出力 Thunderbolt 3 Thunderbolt 2 Thunderbolt
カメラ 720p 720p 720p
拡張性 USB-C×2 USB 3×2 
Thunderbolt 2 
MagSafe 2 
SDXCスロット 
ヘッドフォンジャック
USB 3×2 
Thunderbolt 
MagSafe 2
Wi-Fi 802.11ac 802.11ac 802.11n
Bluetooth 4.2 4.0 4.0
オーディオ ステレオスピーカー 
3つのマイク
ステレオスピーカー 
2つのマイク
ステレオスピーカー 
無指向性マイク
キーボード バックライトキー 
環境光センサー 
バタフライ構造
バックライトキー 
環境光センサー 
シザー構造
バックライトキー 
環境光センサー 
シザー構造
トラックパッド 感圧式マルチタッチ 感圧式マルチタッチ 感圧式マルチタッチ

Retinaディスプレイ採用で解像度が向上!

MacBook AirにもついにRetinaディスプレイがやってきました!MacBook Proと比べると機能面では劣るMacBook Airですが、待ちに待ったRetina採用は嬉しいですね!2560x1600(WQXGA)の美しいディスプレイで新しい映像体験が出来ること間違いなしです!

Retinaディスプレイとは?

アップル製品のうち高画素密度のディスプレイを指す名称です。「Retina」は英語で「網膜」という意味で「人間の目で識別できる限界を超えている」という意味合いで命名されました。新型MacBook Airの解像度は227ppiで、前モデル(13-inch, 2017)の128ppiを遥かに凌ぐ高解像度です。解像度を指すブランド名なので、液晶か有機ELかと言う定義はありません。(iPhoneでの一例 Liquid Retina:液晶 Super Retina:有機EL)

Touch IDに対応

MacBook AirがTouch IDに対応しました。ログインやApple Pay決済などの操作を素早く行うことができます。また、「Apple T2 Securityチップ」によってSSD内の個人情報は自動で完全に暗号化されるので、安心して使用することが出来ます。

Apple T2 Securityチップとは?

指紋(Touch ID)情報の保護、ストレージのAES(256)暗号化、OSとMacの整合性検証機能を持ったユーザーインターフェースの操作を担当するチップのこと。PC不使用時はハード的にマイクを切断してウイルスソフトによる盗聴を不可能にすると言う情報漏洩に対する根本的な解決策がとられているのも特徴です。

第8世代Intel Core i5

同じIntel Core i5でも世代や種類によって基本性能が異なります。通常時のクロック周波数は前モデルに劣りますが、Turbo Boost時は最大3.6GHzというスピードが出るようになっています。(前モデルはTurbo Boost時、2.9GHz)

Turbo Boostとは?

CPUには自身の発熱で破損しないように発熱量制限があり、この制限によって定格周波数が決められています。複数個コアを持つCPUの場合、負荷が偏る場合があり、そういった時に負荷が集中しているコアを定格周波数以上のスピードで動作させる機能をTurbo Boostと言います。

マルチスレッド処理(1つのアプリケーションを複数のコアで処理すること)を念頭に置いていない旧来のプログラムを動作させる場合、負荷の重さが大きく異なるプログラムを一度に動作させる場合に効果を発揮します。

また3次キャッシュは前モデルの3MBから1MB増えた4MBとなっています。

キャッシュとは?

以前通信したことのある情報を格納し、素早く取り出すための記憶装置です。新型MacBook Airはそのキャッシュを3階層持っています。

メモリは16GBに変更可能!

新型MacBook Airはメモリを16GBに変更可能です。処理速度も前モデルの1600MHzから2133MHzと大きく向上しています。「編集した動画をレンダリング・動画サイトにアップする合間に音楽を聴きつつ写真管理ソフトで掲載する写真を選びながらブログを書く。」なんて作業が薄くて軽いPCでサクサク出来るかもしれませんね!

えすこ
この男ノートパソコンに無理させすぎでしょ・・・

メモリとは?

PCが情報を処理するためのデータを一次記憶しておく装置の事で、容量が多い程同時に出来る仕事量が増え、処理速度が速いほどCPUに記憶情報を転送するスピードが向上します。

無駄を削ぎ落としてスマートに

有線での外部入力はUSB-Cが2つとイヤホンジャックが1つだけになりました。通常のデータ転送(10Gbps)だけでなく充電や高速通信Thunderbolt(40Gbps)、ディスプレイ出力に対応しています。

えすひろ
アダプタ集めが捗りそうだね・・・(泣)

最後に

どうでしたか?抜群のデザインと進化した機能、絶対に欲しい1台です。この記事をえすこさんに見てもらってゲットを目指します!皆さんも是非購入を検討してみて下さいね!

えすこ
ブログにこんなこと書いたって買わないからね!!

最後まで当記事を読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
RECOMMEND