こんにちは、えすひろ(marriedfreetime)です♪ 
当ブログにお越しいただきありがとうございます!

この記事の登場人物について

えすひろ
えすひろです。一家の大黒柱感を出したい、出来るお父さんになりたい会社員。ペットも花も結婚してからハマりました。このブログでは主に説明や解説で登場するよ!

えすこ
えすこです。ワンちゃんと文鳥と多肉植物、そして何より息子を愛してやまない一家の縁の下の力持ち!パートを掛け持ちする兼業主婦です!このブログでは主に疑問に思った事をドンドン聞いていくよ!
スポンサーリンク

新型iPhoneに用意された2つのディスプレイ

2018年9月13日(日本時間)、ついに新型iPhoneが発表!今回から全てのモデルでホームボタンが廃止され、オールスクリーンとなりました。前モデル「X」と同じ画面サイズを持つ「XS」、さらにそれを上回る「XS Max」と「XR」、今まで以上にiPhoneに触れるのが楽しく快適になりそうですね!この記事では新型iPhoneに搭載される2つのディスプレイ、「Super Retina」と「Liquid Retina」について「今まで惰性でiPhoneを買い続けて来た男 えすひろ」が解説します。新型iPhoneの購入を検討されている方、新型iPhoneの性能について気になる方、HPの紹介ではよく分からなかった方に是非読んで欲しい記事です!

ディスプレイの大きさ比較

えすこ
iPhoneって新しいのが出るたびに「ディスプレイが大きくなった」とか、「綺麗になった」っていつも言ってる気がするけど、どれも綺麗だし古い物は下取りに出しちゃうから違いがよく分からなくない?

iPhoneは新製品が出るたびに革新的な新機能や美しいデザインで多くのユーザーを驚かせて来ました。ですが今回のApple新製品発表会で主に紹介されたのはプロセッサや、今流行りの機械学習機能と言った内面的な部分。もちろん凄い進化なんですが、見た目や機能があまり変わっていない(「X」と「XS」はほぼデサインが同じ)ので「あんまり変わってないのかな?」と思った方もいるかもしれません。ですがハード面もしっかりと進化を遂げています。 
 

大きさ比較

「XS」(Xも同サイズ)を基準に新モデルと旧モデルのディスプレイサイズを比較しました。ホームボタンを廃止してオールスクリーンとなることで「XS(X)」はボディサイズで勝る「8(7) Plus」のディスプレイ領域を上回っています。そして「XR」と「XS Max」はさらにそれを上回るディスプレイサイズです!下の画像を見るとその差は一目瞭然!

各モデルディスプレイサイズ

  • iPhone XS(X)・・・5.8インチ
  • iPhone XS Max・・・6.5インチ
  • iPhone XR・・・6.1インチ
  • iPhone 8(7)・・・4.7インチ
  • iPhone 8(7) Plus・・・5.5インチ

インチって何?

長さの単位。1インチ=2.54cmで表され、ディスプレイの見た目の大きさを示す場合は対角線距離を指す。

Super Retina

「Super Retina」は新型iPhone「XS」と「XS Max」に搭載された有機ELディスプレイです。HDRディスプレイ(明暗をより現実に近い状態で再現できるディスプレイ)の中で最も正確な色や真の黒、輝度とコントラストを表現することができます。高性能カメラで撮影し、ISPによって美しく補正された写真や動画を見事に映し出してくれるのはこの「Super Retina」だけです。また「XS」と「XS Max」はApple製デバイスの中で最も高いピクセル密度を持つディスプレイになります!

えすひろ
要はめちゃくちゃ綺麗なディスプレイってことだよ!(混乱

えすこ
Appleのホームページを見てたらOLEDって沢山書いてあるんだけど、OLEDって何?

えすひろ
発光材料に有機物質(Organic)を使ったLED(発光ダイオード)って意味だよ。電流を流すと発光する有機物を使った素子ってこと。有機ELディスプレイはこのOLEDがビッシリと並んだディスプレイなんだ!

iPhone XS、XS Maxのディスプレイ仕様

項目 iPhone XS iPhone XS Max
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436×1,125 2,688×1,242
ピクセル密度 458ppi 458ppi

HDR10とステレオサウンド

Dolby Vision(ドルビー社の最新映像技術)に対応しているので、いつでもどこでも映画館のような体験を楽しめます。またボディ上下についたスピーカーが、音をワイドに再生するので映像はより臨場感あふれるものに!さらにHDR写真はダイナミックレンジが60パーセント拡張され、以前撮影した写真も今までよりも美しく表示されます。

True Tone

6チャンネルの光センサーで周囲の光の色温度を検知し、画面のホワイトバランスを微調整してくれます。これによってディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に、そして一段と目に優しく映し出されます!

耐水・防塵性能

スマートフォンに採用されたものの中で最も強靭なガラスと、医療用と同グレードのステンレススチール製フレームを隙間なく精密に組み合わせることで、より高い耐水性能を実現しています。最大水深2メートルで30分間まで耐えることが可能(IP68相当)です!

Liquid Retina

「Liquid Retina」は新型iPhone「XR」に搭載された液晶ディスプレイです。革新的な技術でディスプレイを液晶ディスプレイの隅々まで広げる事ができる様になりました。そのおかげでこれまでのiPhoneの中で最大のLCDでありながらも、手の中に心地よく収まるサイズになっています。

えすひろ
今までの液晶技術ではどうしてもベゼルが無くせなかったんだけど、今回はオールスクリーン。これは技術革新だね!

また、先進的であるだけでなく、正確な色(クラス最高)を映し出してくれます。「XS」や「XS Max」の有機ELディスプレイに負けない美しさです!

True Tone

「XS」と「XS Max」同様に6チャンネルの光センサーで周囲の光の色温度を検知し、画面のホワイトバランスを微調整してくれます。これによってディスプレイ上の画像がまるで印刷物のように自然に、そして一段と目に優しく映し出されます!

耐水・防塵性能

「XS」と「XS Max」にはやや劣りますが、スマートフォンに採用されたものの中で最も強靭なガラスと、医療用と同グレードのステンレススチール製フレームを隙間なく精密に組み合わせることで、より高い耐水性能を実現しています。最大水深1メートルで30分間まで耐えることが可能(IP67相当)です!

有機ELと液晶の違い

液晶は、カラーフィルターをバックライトで照らし、見せたい部分の液晶シャッターを開いて明るく見せることで映像を表現しています。この時、シャッターからの光漏れが原因で黒であるべき部分が薄明るく表示されてコントラストが低下したり、シャッターの構造上「視野角の制限」を生むため、上下左右から見ると色味やコントラストが変化したり、反応の遅延による残像現象が起こるなど、原理的な問題をいくつか抱えていました。 
対する有機ELはピクセルが独立して光る「自発光」が特長で、ピクセル単位で発光をコントロールできるので、液晶に比べ色の純度やコントラストが高く、視野角特性にも優れています。素子自体の応答性能も非常に良いので残像を少なくすることが可能です。

最後に

どうでしたか?新型iPhoneのディスプレイって凄いですよね!A12チップとの組み合わせで様々なアプリケーションのグラフィックに革新をもたらしそうな予感がします!購入を検討されている方、興味が湧いた方は是非店頭でその能力を体感しましょう! 

ソフトバンクオンラインショッププ

 
最後まで当記事を読んでいただき、ありがとうございました!
スポンサーリンク
スマホもここまで進化した。新型iPhone登場。

超高速CPU
毎秒5兆回演算を行う機械学習エンジン 
ベゼルレス有機ELディスプレイ
驚くほど進化したカメラ機能

RECOMMEND