こんにちは、えすひろ(marriedfreetime)です♪ 
当ブログにお越しいただきありがとうございます!

この記事の登場人物について

えすひろ
えすひろです。一家の大黒柱感を出したい、出来るお父さんになりたい会社員。ペットも花も結婚してからハマりました。このブログでは主に説明や解説で登場するよ!

えすこ
えすこです。ワンちゃんと文鳥と多肉植物、そして何より息子を愛してやまない一家の縁の下の力持ち!パートを掛け持ちする兼業主婦です!このブログでは主に疑問に思った事をドンドン聞いていくよ!
スポンサーリンク

文鳥の日光浴

文鳥に日光浴が必要なのは皆さんご存知ですよね。ですが多くの方は日光浴が必要な理由や正しい日光浴の方法を知らないのではないでしょうか? 
 
この記事では文鳥が日光浴によって得る効果や、日光浴に必要な時間、日当たりが確保出来ない場合の対処方法についてまとめていきます。これから文鳥を飼おうと考えている方、文鳥の日光浴について知りたい方に是非読んで欲しい記事です。

日光浴の効果

太陽光には目に見えない光が含まれていて、その中で波長の短い光を「紫外線」と言います。紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3つがあり、主にUV-Bが文鳥のビタミンD生成に役立ち、骨を形成するカルシウム・リンの吸収、代謝を促進します。 
 
それ以外にも日光浴は換羽期や発情期のサイクルに関係し、長引く換羽や時期の外れた発情を抑えるのに効果があります。

UV-Bとは?

主に動物の表皮に作用し、皮膚内でビタミンD生成を促します。短時間に多く浴びるとヤケドのような赤い腫れになる紫外線です。日差しの強い日に外に出ると体が真っ赤に日焼けする人がいますが、大半の原因がUV-Bです。 
 
UV-Bは透過性が弱く、大部分は成層圏やオゾン層に遮られてしまいます。オゾン層を通過出来たUV-Bも曇り空の場合は地上まで届きません。また地上に到達したUV-Bも窓ガラスを透過できないため閉め切った屋内にはほとんど入ってくる事がありません。

えすひろ
遮られやすい光だから、どうやって文鳥に当ててあげるか考えないとね!

日光浴の方法

えすこ
日光浴の効果については分かったけど、どうやって日光浴させればいいの?

文鳥の日光浴は屋内・屋外どちらでも構いません。お家の環境や季節に合わせて良い方法を選ぶようにしましょう。

屋外に出す場合

鳥かごを外に出して直接日に当てます。飲み水とバードバスを準備し、日よけを作ってあげることで体温調節がしやすくなります。日光浴に出すときは初めに準備してあげましょう!

屋内で日光浴

屋内でも日光浴が可能です。UV-Bは透過性は弱いですが障害物がなければ直接日の当たらない場所にも届くので、晴れた日に窓を開けて網戸にするだけで、文鳥たちはビタミンDの生成ができます。

日光浴の注意点

日光浴の方法が分かったところで、次に押さえておきたいのが日光浴の注意点です。

外敵・脱走

かごを外に出す場合、猫やカラス・蛇などの外敵による攻撃や脱走には要注意です。目を離さないのはもちろん、かごから絶対に離れてはいけません。かごの扉やフタなど、ロックがかけられる箇所は全て施錠しておきましょう。

UV-Bの透過性

UV-Bは窓ガラス以外に、ビニールやアクリルも透過しません。保温で鳥かごにカバーをつけている方、アクリルケージを使用している方はこの点を把握しておきましょう。

紫外線のデメリット

UV-Bは皮膚や目に有害な紫外線でもあるため、長時間の日光浴は危険です。またUV-Bと同様に太陽光に含まれるUV-Aは窓ガラスやビニールを透過し、皮膚の内側に作用する紫外線であるため、窓を閉めているからといって日当たりの良い場所に長時間放置するのも厳禁です。

日光浴の時間

直接日光を浴びさせる場合、1日に10〜15分ほどで十分です。それ以上は文鳥の体に負担がかかります。また最近はシルバー文鳥やシルバー文鳥などのカラフルな文鳥がいますが、色素が薄いため、日光浴は5分程度で切り上げるのが得策です。

夏場、冬場の日光浴

季節によっても日光浴は変わってきます。

夏場

夏場は呼吸の仕方で適正な日光浴時間を判断するのがポイントです。口呼吸を始めたら暑いというサイン!

冬場

文鳥は熱帯気候を好む鳥ですが、雛鳥や老鳥でなければ冬場の温度管理はさほどシビアではないので、日当たりが良く暖かい時間帯に、窓を開けて屋内で日光浴させましょう。保温用のカバーをしている場合は外してください。

日光浴ができない場合

文鳥を日光浴させることができない場合、サプリでビタミンDを補給するか、紫外線を照射するライトを使用する必要があります。

総合栄養剤

created by Rinker
パピエシー
¥1,460 (2018/11/21 16:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

ネクトンSなどの総合栄養剤にはビタミンDなどの文鳥に必要な栄養が含まれています。総合栄養剤は直接飲ませるものや飲み水に混ぜて使うものなど種類は様々ですが、与えすぎには要注意です。 
 
また、現在与えている餌との栄養バランスを考えて使用しましょう。健康な骨格を作るためにボレー粉などのカルシウム豊富な餌と合わせて与えると効果的です。

注意

栄養素には過剰摂取しても勝手に体から排出されるものと、そうでないものがあります。ビタミンを例に挙げると、ビタミンCは水溶性で過剰摂取しても体外に排出されますが、ビタミンA,D,E,Kは脂溶性で取りすぎても体外に排出されません。

UVライト

紫外線を照射するライトです。太陽光に近い光を発するもので、屋内でも擬似的に日光浴をさせることができます。大変便利ですが、文鳥に連続使用してはいけません。通常の日光浴と同様に時間と様子をしっかり確認して使用しましょう。

最後に

どうでしたか?文鳥の健康に日光浴は必須です。正しい方法と時間をしっかり把握して効果的な日光浴をさせてあげましょう。いつまでも元気な家族の一員でいてもらうために、しっかり行ってくださいね! 
 
最後まで当記事を読んでいただき、ありがとうごいました!

スポンサーリンク
文鳥のカゴ周りの問題を一気に解決!

エサが飛び散る、水が飛び散る、臭いが気になる、音が気になる・・・
そんな悩みを一気に解決してくれるのがアクリルバードケージ

えすひろ
お世話が楽になるし、見た目もスッキリ!
RECOMMEND