スポンサーリンク

照明はマイホームの華

新築の家を華やかに彩る設備、それは照明です。意外に気付きにくいですが照明器具が整然と並んでいる家はそれだけでカッコ良く見えます

えすこ
照明が綺麗な家は玄関に入った瞬間の空気感が全然違うよね!

この記事では新築時の照明・スイッチの計画をスムーズに進めるためのポイントを紹介していきます。これから家を建てようと考えている方、照明を検討中の方に是非読んで欲しい記事です。費用やおしゃれさだけでなく実用性も考慮したプランを作るのに、この記事の情報が役立てば幸いです!

新築の照明にかかる費用

照明の値段は本当に幅広いです。機能やデザインによって大きく差が出ます。35坪程度の家だと、シンプルな物に絞れば25〜30万円程度に収まりますが、機能性を重視すれば4,50万円をすぐに超え、デザインを重視した照明は1台で数十万円するものもあります。それを家全体となると莫大な費用がかかってしまいますね(泣

えすこ
玄関にこの照明付けようよ!凄く可愛くなるよ!

えすひろ
いやいや・・・どこからそんなお金が出てくるのさ・・・

予算は各家庭のお財布事情によりますが、振れ幅が大きいからといって費用だけに囚われて照明を決めてしまうのはオススメしません。照明に工夫の無い家は本当に味気なくてつまらないと思います。どこか1箇所、できれば2箇所とこだわりポイントを作ればそれだけで家への愛着が湧きますし、実用性もアップするでしょう。ハウスメーカーのプランをそっくりそのまま受け入れず、少し頭を悩ませてみてはいかがでしょうか

注意

25〜35万円/35坪というのは照明器具のみの参考値です。スイッチや配線の価格は含まれていません

照明の台数・特徴

照明の台数は部屋の広さと照明の性能によって変わります。また照明の種類によって配光の特性が変わってくるので、照明の特徴をよく知った上で検討しましょう。

シーリングライト

特長
天井面に取り付ける照明で、部屋全体を明るくする主照明として用いられます。洋間では円形薄型のものが主流で、空間に圧迫感を与えることなく配光も自然です。また調光や色調整機能を持つ商品のラインナップも充実しているので、実用面でこれに勝る物はありません。

えすひろ
和室では四角い障子張りカバーのシーリングライトを見かける事もあるね!

デメリット
ありふれた器具であるためデザイン性の観点からLDKや主寝室など家の主役となる部屋では敬遠される場合もあります。機能性が素晴らしいだけに残念です。またその他の欠点としてカバーに溜まった埃や虫が目立つという点があります。

ダウンライト

特長
近年、一般住宅での使用台数が激増しているのがダウンライトです。LED照明の普及と共に性能も向上して需要が急激に伸びました。天井に埋め込んで取り付けるタイプの照明で、一番のメリットは天井から本体が飛び出ず部屋をスッキリ見せることができる点です。主にシーリングライト等の主照明の光が届かないスペースの補助照明や廊下やトイレなどの共用部照明として使用されています。真下に光が出るので複数台使用することで部屋の配光にメリハリを付ける事ができ、間接照明的な役割を果たします。壁際などにアクセントとして使用している家もありますね!そして比較的安価なので多用してもあまり予算を圧迫しません
デメリット
極端な配光のため場所によって暗かったり逆に眩し過ぎたりします。また複数台使用が基本なので主照明として使用すると影が何重にも出て生活環境に悪影響を及ぼす場合があります。

えすひろ
全照明をダウンライトにしている家もあるみたいだけど、流石にどうかと思うな・・・

ペンダント・シャンデリア

特長
天井から吊り下げる器具でキッチンやダイニングの補助照明やアクセント、大型の物は階段や吹き抜け・玄関等に使用されます。光源を空間に配置する事ができ、笠のないものは全周に光を飛ばす事ができるので室内を華やかに彩るのに役立ちます。

えすこ
オシャレなダイニングには絶対吊ってある説(ウチにも欲しい

えすひろ
オシャレ感だけで選ばないでよ。ちゃんとデメリットも考えて!

デメリット
空間を使用するので圧迫感を感じたり、取り付け高さによって視界に光源が入り眩しさを感じることもあります。また照明上部に埃が溜まるので定期的な掃除が必要です。

ブラケット

特長
壁付けの照明で照度があまり必要ない書斎や寝室、共用部、玄関ポーチ等屋外で使用されます。デザインの種類が多く光の出方も商品ごとに異なるので部屋のアクセントとして最適です。

えすひろ
壁付照明は奥が深いんだよね・・・ウンウン(遠い目

えすこ
なにあれ・・・ちょっと不気味なんだけど・・・

デメリット
取り付け高さと配光によって眩しさを感じる事があり、照明上部に埃がたまるので定期的な掃除が必要です。

卓上・フロアスタンド

特長
床や卓上に設置する照明で、リビングや寝室の夜間灯として使用します。低照度のものは部屋のおしゃれな雰囲気作りに適していますよ!

えすひろ
明かりというより、インテリア家具の感覚が強い照明器具だね!

デメリット
フロアスペースを使用する事が最大のデメリットです。またコンセント電源のものが多いため配線の取り回しを工夫しないと不恰好になってしまいます。

スイッチの位置について

照明にはON・OFFのためのスイッチやリモコンが必要です。ストレスなく照明を操作出来る配置を考えていきましょう!

えすひろ
ハウスメーカーの人はその辺り全然汲んでくれないからね!要注意だよ!(怒

えすこ
電気器具の話になるとすぐ熱くなるのね・・・

リビング・居室

リビングや居室は入口ごとに必ずスイッチが必要です。真っ暗な部屋をスイッチを探して歩き回らなくて良いように、入口の数だけスイッチを付けてもらいましょう!また、リモコン付き照明ならくつろいだ状態で照明の操作が出来ます。特に寝室はベッドに入ったまま照明が操作出来た方が良いので必ずリモコン付き照明を選びましょう。

玄関・廊下

玄関は入室した場所ですぐにスイッチを操作出来るのはもちろんのこと、来客時にすぐ明かりを点けられる位置にスイッチを設置したり、センサーライトを選ぶと便利です。同じように廊下もセンサーライトを使用するとそれぞれの部屋の出口にスイッチを付けなくて良くなりますよ!

えすこ
あれ?ウチの玄関リビングから付けれなくない?(疑

えすひろ
あ、あれは失敗(汗 忘れてましたスイマセン・・・

注意

センサーライトにもスイッチを付けて外出時は電源を切れるようにしておくと節電になります。

照明の色

近年の住宅照明の色は主に昼白色と温白色の2種類です。昼白色は白、温白色は電球のようなオレンジの光が出ます。

昼白色

昼白色は集中力を高めたり、色を鮮明に捉えやすく脳に刺激を与える効果があります。勉強部屋や子供部屋、テレビやパソコンを使う部屋は昼白色の照明がオススメです。またキッチンや洗面所などの水回りは昼白色の方が清潔感が増します。料理も美味しく見えますよ!

温白色

リラックス効果があります。寝室に使用すれば安眠効果が得られますし、色のある照明は空間におしゃれさと暖かみを出してくれます。

どちらにするか迷う場所

リビングはゆっくりくつろげる場所であると同時に1番見た目にこだわりたい場所です。温白色を選びたいところですよね。
しかし一方でリビングはテレビやパソコンを使ったり子供が勉強したり遊ぶ部屋でもあり、LDKの場合はキッチンやダイニングも併設しているので実用面では昼白色の方が向いています。ですのでLDKでは色を切り替えられる照明を選びましょう。シーンに応じて使い分け出来れば家の快適性能はグッと上がりますよ!

えすひろ
切り替わった色がそのまま保持されるのか、一度消すと元に戻るのかなど細かい仕様も確認して良いものを選びましょう!

照明の機能

最近の照明は本当に高機能になりました!住宅照明を考える上で、その機能を活かした照明選定や配置を意識することが大事だと思います!

えすこ
なんでも良いからとっとと決めてよ・・・

人感センサー

人が通ると自動的に照明が点き、設定に応じて自動で消灯します。玄関や廊下などの共用部の照明にオススメの機能です。時間帯や外の明るさでセンサー動作のON・OFFが出来る物もありますよ!

調光機能

照明の光の強さを調節します。照明本体に機能が内蔵しているものと、スイッチによる調光機能に対応しているものがあります。後者はスイッチによって複数の照明を同時に調光出来るのでおしゃれな部屋作りには最適ですが、照明・スイッチそれぞれに互換性の有無があるので選択肢は狭まります

色調節機能

照明の色を切り替えます。シーンに応じて使い分けられるので、用途が複数ある部屋には最適の機能です!

最後に

どうでしたか?おしゃれさと実用性を両立させるのは難しいですが、照明のそれぞれの特長と機能を考えていくと皆さんの理想の形がきっと見つかります。家の中で照明は欠かせないものです。新築工事は常に予算との闘いですが、費用とのバランスを考えながら少しでも理想のマイホームに近付けていきましょう。
最後まで当記事を読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
RECOMMEND