スポンサーリンク

人生で一番大きな買い物

「マイホーム購入」って誰もが憧れる超々ビッグイベントですよね。家を建てた瞬間から残りの人生ほとんど全ての拠点となる場所なので妥協はしたくない所。衣・食・住だけでなく趣味の事も考えて計画を立てる必要があります。将来の家族設計に合った家づくりを意識する事も重要で、それをつかさどるのが僕はコンセントだと思っています。この記事では新築のコンセントの個数や位置決めについてまとめていきます。新築を計画中の方、家具や電気設備の配置に悩まれている方に是非読んで欲しい記事です。

電気で得られる幸せ

あなたは家でどんな時に幸せを感じますか?暑い夏の日に帰って来て冷房をかけた時、毎週楽しみにしているテレビ番組をみた時、キンキンに冷えたビールを飲んだ時、寝る前に大好きな音楽を聞いた時、これらは全てが電気の恩恵を受けているからこそ感じられるものです。あなたがこのページを見ているスマホ・パソコンもそうですよね。家に帰ってから感じる幸せの多くは電気によって生み出されています。

家はハリボテじゃない

今や電気無しでは生活などできない世の中で、建設業界には未だ電気設備軽視の時代錯誤な考え方が蔓延しています。以前勤めていた会社で電気設備の施工管理をしていた時、建築設備の担当者にはそういう考えの方が多く、大変苦労しました。 
住宅メーカーも例外ではありません。照明器具自体のデザインや見せ方にはこだわりを見せるものの、スイッチの数や配置は二の次三の次、コンセントに至っては、「リビングには部屋の4隅、あとは各室2つずつあれば十分」などと宣う営業担当者もいました。もはや論外です。こう言った言葉に騙されない様に家の中の電気設備、特にコンセントについてはよく考えて決めていきましょう!

コンセントが必要な場所

コンセントが必要な場所は僕が思い付くだけでこれだけあります。

僕の思い付くコンセントの場所

  • テレビ
  • 電話・パソコン
  • キッチン
  • 白物家電
  • 掃除用
  • ペット関係
  • 趣味用
  • その他雑コンセント

これらに延長コード無しで電気を供給できるだけのコンセントが、あなたがイメージするお家にはありますか?また住宅メーカーの営業担当はそれを汲み取ってくれるでしょうか?コンセントを増やせば費用はもちろん増えていきます。ですが家は人生の拠点となる場所ですから生活スタイルをしっかりイメージして一つずつ細かく決めていきましょう

家電が集合した場所

テレビやパソコンは付属品が多数あります。

テレビ付属機器

  • スピーカー
  • DVD・Blu-ray機器
  • 外付記憶媒体
  • ゲーム機
  • 各種放送サービス用チューナー

電話機・パソコン付属機器

  • プリンター
  • スピーカー
  • 外付記憶媒体
  • ネットワーク端末
これら全てにタコ足することなく電気を供給するのは難しいですが、なるべくそれが少なくなる様に工夫できると良いですね! 
またキッチンにも多くのコンセントが必要です。

キッチン(常設)

  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • ポット・電気ケトル
  • コーヒーメーカー
  • 置き型食洗機

キッチン(非常設)

  • ミキサー
  • 泡立て器
  • ホットプレート

水回りなのでどこにでもという訳にはいきませんが、沢山あって損はないので付けられるだけ付けておきましょう!

コンセントの種類

エアコン、冷蔵庫、洗濯機、いわゆる白物家電にはアース付きのコンセントが必要です。またサイズやボリュームによって使用する電圧が異なり、差込の形も違います。複数台設置し、部屋によってサイズが大きく変わるエアコンは特に注意が必要です。

接地のこと。電荷を地中に逃がすことによって、落雷などで過電流が電気機器に流れ込むのを防いだり、ノイズによる誤動作を防止したりできる。そのための接続線をアース線という。

掃除を効率的に

掃除機の動線を考えてコンセントを配置しましょう!挿しやすい場所にコンセントを用意しておけば掃除が捗ります。またハンディータイプの掃除機を使う方は充電スペースをあらかじめ決めておくとGOOD!生活感を隠すため、クローゼットの中にコンセントを付けるなんていうのもアリかもしれませんね。

ペットにも電気を

快適な環境を作ってあげるにはペットにもコンセントが必要です。コンセントを舐めたりコードを噛んだりしない様にペットを飼っている・将来飼おうと考えている方は検討しましょう。

小動物の場合

  • ヒーター
  • 照明

魚の場合

  • ヒーター
  • ボンベ
  • 濾過器
  • 照明

犬・猫の場合

  • ヒーター
  • 給餌器
  • 飲料水循環機器
  • 空気清浄機

趣味のための電気

現在の趣味だけではなく将来の趣味の可能性も考えてコンセントを配置しましょう!趣味の幅を広げやすくなりますよ!またマイホームを購入して拠点が出来ると、現在の趣味もスケールアップしてしまいがちなので少し余分を見ておいても良いと思います。

細かいものを使いやすく

スマホやタブレット、カメラの充電、洗面以外でのドライヤー、リビングでホットップレート、デジタルフォトフレーム等思いつくだけでいくつもあります。使いやすい場所で使用できる様に工夫しましょう!また作り付けの家具がある場合はコンセントを取り付ける高さにも注意しましょう!

最後に

どうでしたか?コンセントって大事なんです本当に。電気設備を蔑ろにした建物はとても不便で居心地が悪いです。家の中で小さな幸せを沢山感じるために、この記事を参考にコンセント配置の計画を立ててみてくださいね! 
当記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
RECOMMEND